なぜ子供の頃からの海外体験が必要なのでしょうか?


「早く自立してほしい」「自分の才能を活かした人生を歩んでほしい」
という子供への想いは、ご両親共通の願いだと思います。

グローバル化が急速に進む現代では、小さな子供にとっても
日本の中から世界を眺めているだけでは
将来、厳しい国際社会を生き抜いていくことは困難な時代になりました。

無限の可能性を秘めた子供の未来にとって、早い時期からの海外体験は
学ぶ意欲を刺激するだけでなく、国際人としての自覚も促すなど
その後の人生に大きな影響を与えることになるでしょう。

いま、大切な子供の将来の選択肢を広げてあげられるのは
ご両親だけなのです。

多くの日本の子供たちがスイスサマースクールを体験しています







すばらしい自然と治安のよい環境で安心安全

世界中から集まった多彩な国籍の人々が
調和しながら平和に暮らす多文化の国スイスは、豊かな大自然のもと
高い生活環境と治安の良さを誇る安心安全な国家として知られています。

校舎の後ろにはアルプスとレマン湖が広がっています

エーグル城を取り囲むブドウ畑

多国籍の人々が住む多国語環境は留学先に最適

スイスは日本の面積の9分の1、人口は約16分の1という小さな国ですが
連邦共和国としてドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の
4種類の公用語をもつ多言語多文化の国家です。

世界の主な国際機関が集まる国

永世中立国であるスイスには、世界保健機構(WHO)
国際労働機関(ILO)、赤十字国際委員会、世界貿易機関(WTO)
国際オリンピック委員会(IOC)、FIFAワールドカップ本部など
世界中の主な国際機関が多く集まっていることでも有名です。

世界中のセレブが入学する名門ボーディングスクール

スイスの飛び抜けた国際性が、世界中から留学生が集まる最も大きな理由です。
世界の王族や貴族、一流企業の経営者などのお子様たちが
こぞって留学する名門ボーディングスクール(全寮制私立学校)が
数多くあることでも知られています。

世界の上流家庭との人脈が生まれる国

世界中に多くのパイプを持つ上流家庭の子どもたちと知り合えることは
子供の将来にとって大きなメリットです。
このような人脈は、日本国内にいるだけでは決して得られません。
子供の一生の財産となるでしょう。



政府や大手企業では、国際的な視野やセンスを持つ人材を求めています。
日本人にとって言葉の壁がある海外で活躍するためには
外国語の習得、とりわけ英語ができることは必須条件です。

早い時期からの留学経験は
子供の心から言葉の壁に対する不安が取り除かれて
その後の英語学習にも大きな弾みがつくことでしょう。

将来、長期留学をお考えの場合も
早い時期に短期留学を経験しておくことをオススメします。

グローバルに活躍する人材が求められています

海外に拠点を持つ日本企業へのアンケート調査では
「グローバルに活躍できる幹部人材の育成」と
「日本国内で採用した人材の国際化」が重要、とする企業の比率が高まっています。

政府は、「グローバル人材」の定義として
「世界的な競争と共生か進む現代社会において
日本人としてのアイデンティティを持ちながら
広い視野に立って培われる教養と専門性が必要」としています。

さらに「異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するための
コミュニケーション能力と協調性、新しい価値を創造する能力、
次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間」を
「グローバル人材」と位置づけて、育成を急いでいます。

留学経験は就職や仕事に大いに活かされています

独立行政法人 日本学生支援機構の平成23年度のアンケート調査によると
現在の職業に関して、留学が現在の職業に業務面で役立っていると思うか」という問いに
54.3%が「非常に役立っている」、「役立っている」と答えています。

「留学経験が今後も役に立つと思うか」という問いには
「はい」が93.1%と圧倒的に多くなっています。


日本でも、小学校低学年からサマースクールに参加したり
単身留学したりする子供たちは確実に増えています。

その背景には、国際的なグローバル化や
親世代の豊富な海外体験だけではなく、2011年に導入された
小学校の英語教育義務化なども影響しています。

柔らかな感性をもつ早い時期から
多言語や多文化に触れられるスイスでのサマースクール体験は
世界中の子供たちとコミュニケーションする力や自立心を養い
日本人としての自覚が芽生える大きな一歩となるでしょう。





数ある名門校の中から厳選した5つの学校をご用意しました。







  • 対象年齢:6〜13歳
  • 2週間コース:7月19日〜8月2日

ウィンターリゾート地ヴィラールの大自然の中にある
築200年以上の伝統的なシャレーの校舎の近くに
日本人留学生のご家族がスポンサーとなって建てられた施設の校舎があり
現在新校舎の建設が進められています。

夏のサマースクールまでには完成の予定で、日本でも人気の高い学校です。
学長のご家族が寮内に住んでおり、とても家庭的な環境です。





  • 対象年齢:3歳~14歳
  • 2週間コース: 7月25日〜8月8 
  • 3週間コース: 7月18日〜8月8日

アルプスのリゾート地ヴィラールにある学校は、町から離れた大自然の中にあり
駆け回りたい子供たちにとっては、とても安全な環境です。

3歳から受け入れている学校には女性スタッフが多く
小さい子供たちへのケアは万全です。

校長をはじめスタッフのみなさんは、とても親しみやすい人柄で、
子供たちが、のびのびできる環境が整っています。





  • 対象年齢:10~16歳
  • 2週間コース
    • 7月18日〜8月1日
    •         
    • 7月25日〜8月8日
    •         
    • 8月 1日〜8月15日
  • 3週間コース
    • 7月18日〜8月8日 
    •         
    • 7月25日〜8月15日

ジュネーブ空港から30分。 オリンピックの町ローザンヌにある1882年に創立された学校。

当時の校舎が今も使用されており
学校の歴史が生徒一人ひとりに溶け込んでいます。

2012年に建設された多目的スポーツ文化センターの費用の多くは
ここで学んだ日本人生徒の家族が献金しており
子供やご家族の学校への満足度がうかがえます。





  • 対象年齢:7~18歳
  • 2週間コース: 7月23日〜8月5 日
  • 3週間コース: 7月23日〜8月11 日
     (12歳以上は3週目にフランスかイタリアへのカルチャーツアーがあります)

ブドウ畑に覆われたエーグルから登山列車に乗り終点で降りると
そこはレザン・アメリカン・スクールのキャンパス。

職員の多くはヨーロッパ人で、語学学習もアクティビティも
フランス語で行われるコースがあり、12歳以上は、
イタリアかフランスへの研修旅行もあります。

高台の校舎から臨むスイスアルプスは、忘れられない景色になるでしょう。





● Arosa(アローザ)コース

  • 対象年齢:6~16歳
  • 2週間コース: 7月25日〜8月8日
  • 3週間コース: 7月18日〜8月8日

アローザは標高1700mにある避暑地として有名なリゾートで、
湖や山々に囲まれ、学びにも遊びにも適しています。

ホテルを貸し切って開催するキャンプなので、様々な施設も整っています。
日本人生徒は数人程度で、真の海外サマースクールを
体験したい子供に適しています。

期間中、ご両親は別のホテルに滞在し、
アダルトアカデミーに参加することができます。

● St. Gallen(ザンクト・ガレン)コース

  • ・対象年齢:14~20歳
  • 3週間コース: 7月18日〜8月8日

ユネスコ世界遺産に指定されているドイツ語圏のザンクトガレンで開催。
ラフなスタイルが多いスイスのサマースクールでは稀な
格式高いヨーロッパ貴族の風情を引き継ぐ環境での3週間コース。

ローゼンベルクの正規留学にも興味がある子供向きで
規則正しく清楚なヨーロッパの学校を味わうには最適のコースです。
日本からのアクセスの良さは随一。

今回のスイスサマースクールには
スイス在住15年、海外留学カウンセラーとして多彩な経験を持つサポート担当者が
申し込み代行、空港からのアテンド、現地滞在中はもとより帰国までの期間
真心を込めて子供の手厚いお世話をさせていただきます。





田山貴子(たやま・たかこ)

留学カウンセラー ベルン在住15年 山口県出身
高校卒業後、単身渡米。アメリカの大学を卒業後
堪能な英語を活かして日本とアメリカで企業のIT部門に勤務。

その後、欧州での生活に憧れ、日本から欧州に向けて求職活動を開始。
スイスのNTTとも言える大企業「Swisscom」に就職し、ベルンで10年間勤務。

現在は起業して「スイス留学.com」を立ち上げ
スイス留学の学校選びから帰国までのサポートを軸に活躍中。

こんにちは

スイスを拠点に、スイスのインターナショナルボーディングスクールに
ご興味のある子供とご家族のお世話をさせていただいている田山貴子です。

スイス留学に関わって6年になりますが
数多くのお問い合わせや面談を通して
様々な子供やご家族にお会いできるこの仕事に
大きなやりがいを感じています。

私は高校を卒業後に、
地元の田舎町から日常会話さえできない英語力で
片道航空券を握りしめて単身渡米しました。

海外とは無縁だった両親が
娘を初めて未知の国に送り出す心労に触れた当時の経験が
今の仕事を始めた大きな原動力になりました。




私が縁もゆかりもないスイスに移住できたのは、まず第一に英語力のお陰です。
子供に英語力をつけて欲しいと願うのは、ほとんどのご両親の思いでしょう。

でも、英語ができるだけで満足してはダメなのです。
英語を使って何ができるのか
国際社会で通用するどんな人間に成長するかが大事です。

たとえ日本で英語を学び、英会話ができたとしても
海外で職を得ることは困難です。

私の場合は英語力だけではなく
インターネットセキュリティという
特殊なIT関連の学歴と職歴のおかげで
スイスの企業に採用されることができました。

通学途中にあるAigleのブドウ畑。この地域は白ワインで有名

スイスの避暑地アローザのサマースクールのスタッフと参加した子供たち。自然に囲まれたアローザでのキャンプ


スイスの利点は、子供が大自然の中で心豊かに学業や芸術活動、
スポーツなどに取り組めるすばらしい環境と
国政が安定していて治安が大変良く、街がきれいなことです。

さらに、ヨーロッパの中心に位置しているため
ヨーロッパ諸国に簡単に行けることも大きな魅力です。

私も会社員時代には、週末や休暇を利用して
ヨーロッパ諸国をほとんど制覇しました。

実際に訪問して体感することは、感受性の高い子供にとって
とても重要なことだと思います。

スイスサマースクールには、世界の40〜60ヶ国から子供たちが集います。
言語も習慣も様々な子供たちが、同じ寮室をシェアして共同生活をします。

言語でコミュニケーションが取れなければ、身振り手振りでも良いのです。
子供たちは言葉が無くても、すぐに通じ合うことができます。

海外の子供たちとの交流を体感することは、
子供の将来に無限の可能性をもたらすことでしょう。

人気のアクティビティの一つである乗馬

体験したことのないスポーツやアクティビティにもチャレンジ!!湖でセールボートを操縦

有名なボーディングスクールがたくさんあるスイスでは
学校でしっかり英語を身に付け
一歩学外に出ると別の言語に触れることができます。

スイスにはドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語という4つの国語があり
英語を知っていることは、ほんの通過点に過ぎません。
私もスイスの会社に就職した当初には、「英語しか話さないの?」と
何度言われたことでしょう。

多くの日本人留学生は、英語で大学の授業を受けられる英語力はもちろん
第二外国語としてフランス語も習得し、日常会話にはまったく困らなくなります。
子供が低年齢の時から多国語に触れることで
外国語を習得する壁がとても低くなるのです。

もちろん、どのボーディングスクールも生徒の母国語学習にとても積極的で
個人やグループで日本語学習を継続することもできます。

私たちは、子供にスイスで有意義にサマースクールを体験していただくこと
そして、ひと回りもふた回りも成長した子供のご帰宅まで
ご両親に安心していただけるよう
日本とスイスの両国で、全力でサポートさせていただきます。

新しい刺激と冒険に満ちあふれたスイスで過ごす今年の夏休みは
子供にとって、かけがえのない宝物になることでしょう。

ボルダリングは、スイスでも人気です

スイスではマウンテンバイクは欠かせないものの一つ

日時:2015年3月15日(日)10時~12時 

会場:THE PENINSULA HOTEL TOKYO

    

(東京都千代田区有楽町1-8-1) ※詳細はお申込後にご案内致します

内容:(予定)

  • 主催者あいさつ
  • スイスサマースクールの魅力とは~注目を浴びるスイスのスクール~
  • レザンアメリカンスクール(LAS)日本担当者のお話
  • 体験者インタビュー(保護者)~スクール体験者のお話~
  • 各プログラムの特徴
  • 安心してスクールへ送り出すために
      ~ご相談からお申込、出発、帰国までのサポートの詳細について~
  • 質疑応答

参加料金

無料


主宰者:船原徹雄
コーディネーター:田山貴子
手配旅行会社:アースシップトラベル(株式会社EarthShip)
茨城県知事登録旅行業 第3-605号
(一般社団法人)全国旅行業協会正会員
〒303-0031 茨城県常総市水海道山田町1467-1
support@earthship-travel.jp
http://earthship-travel.jp

◎個別のご相談もお受けします

サマースクールへの参加をご検討の方には、
後日、講師に個別相談することも可能です。
予約制になりますので、
セミナー終了後にお申し込みください。

セミナーへの参加をご希望の方は、
こちらからお申し込みください。

今回どうしても説明会に参加できない方には、
説明会の内容を要約した情報をあとでお送りしますので
お名前とメールアドレスを入力して下のボタンを押してください。

成長の早い子供にとって、早い時期にグローバルな感性を育てる
最高のステージをご用意しました。

それが、今回ご提案するスイスサマースクールです。

世界中から集まった子供同士の生き生きとした交流を通して学ぶ体験は
子供の将来にとって、大きな実りをもたらすことでしょう。

将来、子供がどのような国に行っても、
あらゆる人種の人たちと打ち解け合い共感できる感性を育む
最高の体験をお届けします。

スタッフ一同、真心を込めてご案内させていただきます。

【体験談①】ホームシックも心配ありません

親元を離れるのが初めての小学6年生のRちゃん。
成田空港から同行したのですが、参加前から不安な様子で泣いてばかり。

英語でのコミュニケーションができないので
はじめの3日間は寂しくて、学校から自宅に国際電話をかけさせてもらったそうです。
私は、「2〜3日経てばきっと楽しくなるよ」と慰めていました。

サマースクール期間は、友だちと交流する機会を増やしてもらいたいと
スマートホンなどの使用を制限する学校もありますが
この時はWiFiのみ使用できるスマートフォンをRちゃんに提供し
スカイプやラインでご両親と連絡が取れるように配慮しました。

そのため、Rちゃんの気持ちも落ち着き、学校の生活にもすぐに慣れて
2週間の滞在期間が終わるときには「もっと居たい、帰りたくない!」と
言ってくれるようになっていました。

【体験談②】病気などの緊急対応も安心です

海外旅行に慣れている陽気なNちゃんは、ブロークンな英語で
どんどん先生や海外の子どもたちに話かけていました。

ただ、身体があまり強い方ではなく、遠足などで体力を使ってしまうと
楽しんでいたのに発熱してしまう体質でした。

サマースクール校では、校内に看護スタッフが常任して日夜お世話をしてくれ
医師が必要な場合には近くの病院に連れて行きます。

Nちゃんの緊急対応に待機していた弊社スタッフは
病院へも同行し、医者とNちゃんの間に入って通訳も行いました。

医療費はサマースクールの保険ですべて賄われるので
充実した医療サポートを受けることができました。

その後、Nちゃんはまったく動揺もなく、サマースクールを楽しむことができました。

【体験談③】特別なご要望にも対応します

自閉症で中学校から学校には行かなくなり
通信教育で高校に通っている19歳の男の子Mくん。

フランス語は独学で習得しており
フランス語のみのサマースクールに参加させたいとのご希望でしたので
フランス語だけで行っている学校をご紹介しました。

家では話したり笑ったりしないM君ですが 先生のお話ではフランス語で良く発言し、いつも笑顔
とのことでした。

普段の生活から離れ、本当の自分になって
サマースクールをエンジョイされたようです。 

お母様からのお礼メッセージ(抜粋)

スイスのサマーキャンプでは、とてもたくさんの事を体験し
実りのある2週間を過ごすことができました。

スタッフや参加していた子供たちとたくさん会話し
一緒にグループ活動もして、日本ではやったことがない事を
とても楽しんでやれたようです。

このキャンプをご提案くださった田山さまには
本当に感謝いたします。ありがとうございました。

短い準備期間で、ご迷惑をおかけしたかもしれませんが
無事に終了することができ、参加をして本当に良かったと思っております。

また、学校までご訪問いただきありがとうございました。
途中での様子がわかり、大変うれしかったです。

Mにとって、とても素晴らしい経験をさせていただきましたこと
御礼申し上げます。

今後10年間で、ますますグローバル化は進み
国際的に活躍できない人材は通用しない時代が必ずやってきます。

大切な子供が真の国際人としてのセンスをいち早く身に付け
世界の人脈を活かして大きく飛躍して行くためには
早いうちからの海外体験が必須です。

子供を真の国際人へと成長させる第一歩として
今、ご両親が与えられる最高のプレゼント
2015スイスサマースクールにぜひご参加ください。

  • 子供は英語がまったくできませんが大丈夫でしょうか?

  • 日本から参加する子供のほとんどは英語をしゃべれませんが、
    身振り手振りですぐに仲良くなれます。
    学校は日本人の受け入れに慣れていますし
    、現地の日本人スタッフもお世話をしますので心配ありません。

  • お勧めの学校を教えてください

  • どの学校もお勧めですが、それぞれに個性があり、プログラムも少し違います。
    子供の性格やご両親のご希望を考慮して、選択のお手伝いをさせていただきます。

  • 参加する前にやるべきことはありますか?

  • 必ずやるべきことはありませんが、自分の身の回りのことは、自分でできる習慣が付いていると良いでしょう。
    身振り手振りで自分の意志を伝えることを、ゲーム感覚で練習しておくのも良いですね。小さい子供の場合は学校でも配慮があります。

  • アクティビティとは何ですか?

  • 午後に用意されているイベントで、様々なスポーツや遠足などが組み込まれています。
    学校は一応のスケジュールを組んでいますが、天候によっては変更になることもあります。

  • サマースクールの語学学習は何時間ありますか?

  • 午前中は、英語の学習や、英語を使って別の教科を学習する時間になります。
    フランス語やドイツ語を学習科目として選択することも可能です。
    ご希望なら個人レッスンを申し込むこともできます。
    また日によっては、遠足や一泊旅行日などで、語学学習がない日もあります。

  • 夕食後から就寝までは何をしているの?

  • 自由時間の時もありますが、みんなで楽しめるゲームや、
    カラオケ、ディスコなど屋内のイベントが用意されています。
    夕食を兼ねて夕方から屋外でバーべキューや、キャンプファイヤーを楽しむこともあります。

  • 緊急時の対応はどうなるの?

  • もし急病や不慮の事故などが起きた場合は、
    まず学校が最善の処置をします。
    学校には看護師が常駐している保健室があるので、
    必要なら学校指定の病院で治療を受けられます。
    子供が病気になったり事故にあったりすると、
    現地の日本人スタッフに学校から連絡があるので、
    状況に応じて学校訪問したり、病院に同行したりします。

  • 病気になったら、どんなケアを受けられるの?

  • 軽い発熱や体調不良なら、学校に常駐している看護師が学校の保健室で対応します。
    症状が長引くようなら、学校指定の病院で万全の治療が受けられます。
    現地でのお世話やご両親への連絡は、
    サポートスタッフが誠意を持って努めますので、ご安心ください。

  • サマースクール中、子供との連絡はどうすればいいの?

  • 学校ごとに規則が違いますが、低年齢の子供の場合は、朝や夕方などの決まった時間帯に、
    インターネットや電話の使用が許されています。
    高学年の子供の場合は、スマートフォンを携帯できる場合もあります。
    多くの学校ではWiFiが使えるので、スマートフォンやタブレットを使って、
    スカイプやLINEで連絡が取れます。
    通常の電話連絡もできますよ。

  • 小さい子供の場合は、親の送り迎えが必要?

  • いいえ、すべての学校は、空港からの送迎サービスを提供しています。
    現地の日本人スタッフが空港で出迎えて、学校の送迎に引き継ぎます。
    ご希望があれば、日本の空港から現地の学校までアテンドさせていただきます。

  • 学校が指定する送迎日に渡航できない場合はどうなるの?

  • 学校が指定する送迎日に、到着または離陸する航空券が取れなかった場合、
    現地の日本人スタッフが、空港から学校までのアテンドや、
    ホテルでの前泊のお世話をさせていただきます。

  • サマースクール中の子どもの様子を知りたいのですが

  • 現地の日本人スタッフが、週1度、学校を訪問して、
    子供の様子を写真付きでお知らせします。

  • 食品アレルギーがあるのですが、サマースクールへの参加は無理ですか?

  • いいえ、大丈夫です。
    アレルギーを持つ子供は珍しくないので、学校ではきちんと対応してくれます。
    サマースクールの申込書にも記入欄がありますので、安心してスイスに送り出してください。

  • 子供と一緒にスイスに行きたいのですが、学校に行けますか?

  • 現地の空港まで一緒に行くのは問題ありません。
    初めての参加の場合は、区切りをつけるためにも、学校まで付き添われるのはお勧めしませんが、
    学校によっては可能です。ご相談ください。

  • 今回の説明会には参加できませんが、田山さんのカウンセリングは受られますか?

  • はい。もちろんです。
    日本滞在中は直接面談できますし、
    その後は、スカイプやメールでカウンセリングさせていただきます。

セミナーへの参加をご希望の方は、
こちらからお申し込みください。

今回どうしても説明会に参加できない方には、
説明会の内容を要約した情報をあとでお送りしますので
お名前とメールアドレスを入力して下のボタンを押してください。

◎お問い合わせ

スイスサマースクール説明会についてのお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。
数日中に返信いたします。


会社概要 | プライバシーポリシー

株式会社EarthShip
〒303-0031 茨城県常総市水海道山田町1467-1
support@earthship-travel.jp
http://earthship-travel.jp